カテゴリー:金属技術

  • 新たな金属素材「多孔質金属」

    近年、金属としての特徴と多孔質の特徴を併せ持った「多孔質金属」が注目を浴びています。 その名の通り金属でありながら小さい気孔が無数に空いている金属で、多孔質樹脂剤では難しかった耐久性や耐熱性、耐食性、電気伝導制、熱…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 無限に使えるステンレス製の石鹸!

    多くの方が手を洗う時に石鹸を使うと思いますが、固形石鹸は使っていくうちに小さくなって最終的には無くなってしまうのが普通です。 そこで今回注目したのが無限に使えるステンレス製の石鹸です! この石鹸は脱臭専用なので、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ステンレス製の車がない理由

    現在、鉄道電車の主流として使われているステンレスですが、ステンレス製の自家用車というのは聞いたことない人が多いのではないでしょうか。 実は今までに何度かステンレス製の自家用車は誕生しているのですが、普及するまでには至り…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 制震機能がある金属・スターサイレントとは

    金属を切削加工する際に、切削点の振動が伝わることでビビリ振動が発生し、耳触りな金属音が聞こえることがありますが、この振動により加工が粗くなってしまったり、工具金属の寿命にも影響するのです。 その問題を解決するために…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 針ではなく液体金属が時を刻む腕時計

    こちらの腕時計では針ではなく液体金属が動き時を刻んでいます。こちらの時計では内側が分針で外側が時針となっています。下にたまっている大きな金属の塊は余りの金属で分針とか時針とくっ付けて液体金属感を味わってもらうための措置だ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 切削加工とは

    金属などの素材を切り取り、希望の形状・寸法に仕上げる方法が「切削加工」で、主に最終的な部品・製品を作るのに行なわれます。 切削加工では精度の高い多種多様な形状が作れるため、幅広い製品の応用も行ないやすいという特徴があり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属3Dプリンターのメリット

    車の部品なども金属3Dプリントで製造できる現在、こうした金属3Dプリンターの一番のメリットとは一体なんでしょうか。 本来こうした部品を製作する為には、まず図面を作ってからその図面に沿った金型を作り、その金型を元にし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 銅の美しい色を引き出す日本の伝統技術 「緋銅」

    古来から武具の装飾などに使われていた伝統技法「緋銅」はコーティングを一切使用しておらず、鋼が金属の中で唯一持つ自然な発色の赤みを楽しめることから現在でもアクセサリーに使われているほどの人気です。 この色を引き出す為…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 錆びてしまった鉄製フライパンのお手入れ

    錆びてしまった鉄製のフライパンはちゃんとお手入れをしてあげると元通りの綺麗なフライパンになり、再び長くお使い頂くことが出来ます。 まずフライパンをクレンザーと金たわしを使い、フライパンの中を円を描くようにして洗いま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 現代に欠かせない高機能金属素材

    現代ではほぼ必需品にもなっているスマートフォンの中には、記憶や計算を行なう半導体やカメラ、マイク、液晶ディスプレイ等の部品が所狭しと敷き詰められています。 これらの部品の中で電気を流す材料として使われるのが銅ですが、こ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る