アルカリ金属の性質

アルカリ金属はリチウム、ナトリウム、カリウム、ルビジウム、セシウム、フランシウムがあり、これら全てがナイフで簡単にカットできてしまう柔らかさや、水と反応することで水素が発生する等の特徴を持っています。

カリウムやルビジウム、セシウム、フランシウムになると反応も激しくなってくるので、切った断面もすぐに光沢が失われていきます。
また、カリウム、ルビジウムに関しては水との反応が非常に激しく、発生した水素が激しい反応による熱によって発火してしまうので、取扱いには注意が必要です。

金属で一般的な固い、強い光沢があるというような特徴がないので、金属の中でもこれらはより異色の金属といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る