レアメタルってどんな金属?どうしてレアなのか?

ハイテクな精密機器に使われているレアメタルは名前の通り希少な金属ですが、どうして希少なのでしょうか?

レアメタルとは非鉄金属の事であり、構造材や電子材料や機能性材料など色々な用途で使われています。

レアメタルは存在量がそもそも少なかったり、存在量はあっても大量の産出が難しかったり、存在量があっても産出に時間と労力とコストが必要だったり、技術的な問題で産出が難しかったり、地球温暖化も影響していると言われていますよ。

中国やロシア、アメリカやアフリカなどレアメタルが産出できる地域はにも偏りがあるため、政治経済など情勢によって入手が困難になる金属も出てくる可能性があるのです。

地球での産出が難しいレアメタルも、将来宇宙へ簡単に行けるようになれば、宇宙から持ってくる事ができるようになるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る