金属アレルギーになりやすい金属・なりにくい金属

アクセサリーや歯科治療に用いられる銀歯など、こうした金属にアレルギー反応を起こす金属アレルギーの方は多くいらっしゃいます。
一言に金属と言っても様々な種類がありますが、アレルギーを引き起こしやすい金属と引き起こしにくい金属が存在します。

まず金属アレルギーを引き起こしやすいと言われるのが、ニッケルやクロム、銅、錫などとされています。その中でも汗で溶けやすいニッケルが原因で金属アレルギーになるという方が多いです。
そして逆に金属アレルギーを起こしにくいとされているのが、金や銀、プラチナ、ステンレス、チタンなどとされています。特にチタンは空気に触れると即座に酸化が始まり表面に皮膜を作るため汗に強く、非常に金属アレルギーを起こしにくいとされています。その安全性は医療現場でもチタンが用いられているほどです。

金属アレルギーを防ぐためにはアレルギーを引き起こしにくい素材を選択しましょう。また汗の成分によって金属成分が溶け出して体内に入ることで金属アレルギーは起こるため、汗をかく時は金属を外す、汗をしっかり拭いてから身につけるようにするというような意識も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る